豚コレラに感染した豚肉を食べるとどうなる?養豚場が直面する悲惨な殺処分方法とは?

投稿日:

最近テレビのニュースで「豚コレラ」が話題になっていますよね。実は、私の友人が豚コレラでもめている愛知県豊田市の保健所関連の仕事をしているのですが、かなり大変だと嘆いていました。

豚コレラで豚の殺処分が何とか済んだけど、土に埋めるのがまだとか言っていましたから。。。

そこでですが、この記事ではなぜ、豚コレラがそこまで騒がれるのかについて調べてみる事にしました。豚コレラに感染した肉を食べたらどうなるか気になるところですからね。。。

豚コレラとは、いったいどの様な病気なのか?

▼豚コレラのニュース▼

※動画再生時、音が出ます※

 

豚コレラは、「とんコレラ」と読みます。フラビウイルス属、ペスチウイルス属によるブタのウイルス性疾病で、症状は皆さんもよく知るコレラとは異なります。ブタ及びイノシシに特有の病気であり人間には感染しないという事です。

豚コレラの特徴を大まかにまとめると以下の通りです。

 

●豚コレラウイルスが豚、いのししの間で広がる熱性伝染病
●感染豚は唾液、涙、糞尿中にウイルスを排泄し、高い感染力がある
●治療法は無く、発生した場合の家畜業界への影響が甚大である

 

この様な特徴があります。

ですが、ここで疑問なのは豚コレラが直接に人間に感染しなくても、その感染した豚肉を食べた人間がどうなるのか?健康に影響が出るのでは?という事だと思います。

 

それについて、さっそく私が農林水産省の公表しているホームページを調べたので、以下を参考にして下さい(^^)/

 

豚コレラに感染した豚肉を人間が食べるとどうなる?

 

上記では豚コレラは人間に感染しないと記載しましたが「じゃあ、何で豚コレラでここまで騒ぐ必要がるの!」と言いたくもなるでしょう。食べたら健康被害が出るんじゃないのと思われても不思議ではないところです。

それに関しては、私も不安でしたが(私の住んでいる場所も豚コレラの発生場所の近く)、どうやら豚コレラに感染した豚肉を食べても問題はなさそうだという事が分かりました。

 

豚コレラは、豚、いのししの病気であり、人に感染することはなく、仮に豚コレラにかかった豚の肉や内臓を食べても人体に影響はありません。

【農林水産省消費 ・ 安全局】

 

という内容が農林水産省からも発表されていました。どうやらですが、ネットで騒がれているのは、豚コレラに感染した豚肉を食べたら危険と騒がれているのではなく「食べたらどうなるのか?」を気にした内容が殆どだったという事でした。

では、なぜここまで豚コレラがここまでテレビで騒がれる様になったのかの真相が気になるところだと思います(。´・ω・)?

 

豚コレラがなぜ、ここまでテレビで騒がれるのか?

 

豚コレラが人間の健康に影響を与え何も関わらず、なぜここまでテレビで騒がれるのかについてですが、間違いなくこれは畜産農家の間で被害が広まらないようにという事でしょう。

上記で触れたように豚コレラは感染力が強く、豚コレラに感染した豚は基本的に治りません!

その為、豚コレラに感染した豚をそのまま放置しておくと畜産農家の間で豚コレラが流行し、私たちの食卓に豚肉が供給する前に豚が死んでしまう恐れが出てきてしまうからです。

ですから、畜産農家での豚コレラがこれ以上買う産されてしまう事を懸念して、つまり日本の畜産業への打撃を懸念するが為に、テレビで豚コレラが話題になったのです。

農林水産省も苦渋の選択として、豚コレラが発生した畜産農家の豚は全て殺処分という決定を下したのです。。。

 

豚コレラに感染した豚の殺処分方法は・・・

 

豚コレラに感染した豚が最終的にどの様な末路になるかという事も触れておきます。それはまさに残酷というほかないでしょう。日本の家畜というのは電気ショックで痙攣させ、宙づりなったところで胸の頸動脈を切り開いて失血死させると聞きます。

私も確かめた訳ではないのですが、殺処分というのはかなりむごいと聞きます。ですから今回の豚コレラで殺処分された豚もそれなりの苦痛の中、死んでいったのではと思います・・・

普段私たち人間は当たりの様に豚肉が食卓に並ぶ光景を目にしていますが、その陰には多くの家畜たちの命がささげられている事を忘れてはならないところです。今回の豚コレラも命について考えさせられるニュースであるのは間違いないでしょう。

※豚の殺処分の動画は載せようか迷いましたが、あまりにも残酷な為、控えました。

 

以上、豚コレラに感染した豚肉を食べるとどうなる?養豚場が直面する悲惨な殺処分方法とは?...という話でした。

 

スポンサーリンク

Copyright© まさ子のブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.