黄砂によるPM2.5の健被害とは?PM2.5と花粉が混ざる”花粉爆発”の脅威について

投稿日:

 

毎年ですが、春先頃になると西からの強い季節風に悩まされることがあります。特に西日本側では中国からの黄砂による被害が目立ちます。この記事を書いている私も大阪で生活していましたが、黄砂には本当に悩まされていました。

車や洗濯物に黄砂が舞い降りるのは勿論ですが、やはり何と言っても気になるのは私たちの健康にどのように影響するのかです。それも最近は黄砂と同時に「PM2.5」という物質が危険視されていますよね。

いったい、PM2.5とはどのような物質なのか?本記事で詳しくまとめておいたので参考にして下さい。

PM2.5とは、どの様な物質なの?原因になるのは何なの?

 

先ずは、PM2.5とはどの様な物質なのかを説明していこうと思います。恐らくですが、この記事を見ている皆さんもPM2.5が粒子だという事くらいは分かっていると思います。要はどの様な粒子かが気になるところではないかと思います。

PMとは、Particulate Matterの略で、粒子状物質を指します。

粒子状物質とは、大気中にあるμm(マイクロメートル)という極めて小さい粒の事です。つまり、PM2.5は直径が2.5マイクロメートル以下の目に見えない微粒子を指している事になります。

2.5マイクロメートルと言われてもピンとこないと思うので、例えて言いますが、「髪の毛の30分の1程度」といったところでしょうか。ですから、中国から飛散した黄砂にPM2.5が付着しても、何ら不思議はないのです。

 

PM2.5どこが出どころなの?やっぱり中国の工場なの?

 

次に疑問なのは、PM2.5の出どころとではないかと思います。恐らくこれも何となくは予想がついているでしょうが、やはり中国の大気汚染と大きく関係していることが判明しています。

北京などの周辺では急速な近代化に伴い衛生基準を満たさない工場が乱立するようになりました。そして、それらの工場から排出された汚染物質こそがPM2.5という訳です。

また、中国東北部の乾燥した環境がPM2.5の飛散に大きく関係している事も知られています。元々、北京やそのあたりの気候は乾燥した砂漠の荒野でした。その為湿度も低く年間の降水量も低いです。

 

ですから、黄砂が舞い上がりやすいのです。そこに人間が工場をいくつも作ったがために、黄砂にのってPM2.5が日本まで飛来するようになったと言われているのです。

ただ、PM2.5の問題はバンコクや韓国でも取り上げられていますから、世界的な問題ともいえるところでもあります・・・

 

PM2.5が私たちの体内に入ると?健康被害などの症状は?

 

では、PM2.5が付着した黄砂が私たちの生活圏に降り注ぐことで、私たちの体にどの様な健康被害が最も気になるところではないかと思います。研究結果によればPM2.5の様な微粒子物質は簡単に鼻や口から体内に侵入すると言われています。

基本的に鼻から吸い込まれた空気中の微小粒子でも10μm以上であれば、気管支や肺に到達する事はないと言われています。ですがPM2.5は10μm以下の微粒子物質です。呼吸器系や循環器系への影響が心配されて当然です。

世界保健機関(WHO)の定義でも、PM2.5を含む大気汚染物質の発がんリスクの危険度は5段階のうち、最上位です。PM2.5が人間のからだに及ぼす健康被害には以下のものがあります。

 

●心筋梗塞などの心疾患
PM2.5は微粒子ですから呼吸器系から侵入し、肺胞を通じて血液中に流れ出る可能性もあります。PM2.5には血液を凝固させる働きのあるものもありますから、長年の蓄積で心筋梗塞などの心疾患につながるリスクがあります。

●気管支炎や喘息などの呼吸器系疾患
PM2.5の有害物質が喉や鼻の面膜に付着すると、体内では外部からの物質を拒絶する働きが空きます。分かりやすいところで言うと、四日市喘息のような症状です。呼吸困難などのリスクが高くなります。

●肺がん
PM2.5の主成分の1つである硫酸塩などが化学反応を起こし、アスベストと同じ最高レベルの発がん性物質に変化します。それらが、長年、呼吸器から取り入れられられれば肺がんのリスクは高まりやがて死に至るケースも考えられます。

 

また、PM2.5の影響は呼吸器系だけでなく、肌の弱い方(アトピー性皮膚炎やニキビの炎症)など、肌から侵入し肌荒れなどに症状となる可能性も指摘されています。

ですから、黄砂が舞いやすい時期は外で洗濯物をせず、部屋干し、もしくはコインランドリーなどで衣類を乾燥させるのも良いかと思います。いずれにしても、PM2.5の健康被害というのは明らかに深刻だという事です。

 

黄砂の季節はいつ?黄砂の予報情報はどこでチェック?

 

先ほどから繰り返していますが、PM2.5が日本に飛来する原因は中国の黄砂の可能性が高いと伝えています。では、その黄砂はいつからいつまで続くのかという事でが・・・

上記の画像は中国を発端に黄砂がどの様に猛威を振るっているのかの流れです。実は黄砂一年中全世界を飛び回っているのです。そして、よく見ると一時的に日本の上空に赤い帯がかかるのが分かります。

つまり、この赤い帯がいつになるのかを調べれば、日本PM2.5の濃度が高くなる時期が特定されるという事です。因みに私が調べた限りですが、黄砂が多い時期は例年だと4月が多いようです。そして、3月、5月もそれに次いで多いようです。

 

詳しくは、以下の気象庁のホームページから「黄砂情報」が確認できます。その都度、確認する時に役立つので参考にして下さい。

 

※特に西日本に住んでいる方は、上記のサイトをブックマークしておくと良いかと思います。

 

PM2.5に花粉症、インフルエンザのトリプルパンチって?

 

更にダメ押しとも言うべき情報もあります。上記で触れたようにPM2.5は主に3~5月頃がピークとされています。恐らくその時期でピンときた方もいるでしょうが、「花粉症」も厄介な時期です。

そして、ただそれだけではなくインフルエンザウイルスが蔓延しているのもちょうどその時期です。つまり、その時期の大気は私たち人間の体内に入ると健康被害を及ぼす物質が蔓延しているという事になるのです!!

実は多くの方が知らない事実が以下の様にあるのです。

 

1. 花粉とPM2.5がともに飛散すると花粉に亀裂が入る
2. さらに水などを取り込み膨張すると…“花粉爆発”が発生!
3. 通常0.03mm~0.04mm程度のスギ花粉は、爆発することで0.001mm程度の“極小花粉”となる
4. 小さくなったスギ花粉の破片が体の奥深くへ侵入
5.花粉症を発生しやすくなり、症状が悪化、面膜も悪化する
6.面膜が弱るとインフルエンザの菌が付着しやすくなる
7.インフルエンザにもなり最悪の症状に陥る事もあり得る・・・

 

多くの方は花粉に、ただPM2.5が付着するだけでは?と思いがちですが、現実はそれほど単純ではないのです。花粉にPM2.5が合わさると、極めて細かい花粉が爆発的に飛散します。

小さいスギ花粉の破片もすべて杉のアレルゲンを持ち花粉症の患者はより症状が深刻になるはずです。

そこに、インフルエンザの菌が+αされれば、もやは踏んだり蹴ったりといったところでしょう。高齢者など抵抗力が衰えた方などは、生命の危険にさらされるかもしれません。。。

 

外出時の黄砂(PM2.5)対策は立体型マスクが有効らしい?

 

では、最終的にPM2.5の脅威から身を守ればよいのかという事です。ここで少し興味深い情報を知る事ができたので紹介しておきます。実は最近、中国からの観光客の方が日本で立体型のマスクを大量購入しているというのとが判明したのです。

理由は、立体型のマスクならより顔の形に馴染みマスクと肌の隙間がなくなるからという事でした。立体型と言っても、私たちにとってはごく普通のコンビニで見かける以下のマスクです。

 

 

この私たち日本人にとって何でもないマスクで中国の方はPM2.5対策をしているというのです。

ですから、これらが気軽に購入できる私たちもこれは使わない手はないでしょう。上記のマスクの値段で、PM2.5対策、花粉症対策、そして、インフルエンザ対策までできれば易いのではないでしょうかね?

以上、黄砂によるPM2.5の健被害とは?PM2.5と花粉が混ざる”花粉爆発”の脅威について...という話でした。ぜひ、この記事を見ている皆さんも健康には気を付けて下さい(^^)/

 

スポンサーリンク

Copyright© まさ子のブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.