お年玉切手シート買い取りで少しお小遣い稼ぎしていますか?

投稿日:

 

お正月になると、毎年、友人やら親戚やら色んな人から年賀状が届きます。そして、その後のお楽しみが年賀状の番号当選の確認です。毎年、何が当たるのかとついつい期待してしまうのですが・・・

 

なぜか、毎年、切手シートが当たるんですよね(笑)勿論、当たらないより全然嬉しいのですが、でも切手集めが趣味でない私にはどうして良いのやらという事で箪笥の肥やしなんです。はてさてどうするか??

 

お年玉切手シートは年賀状1/50の確率で当選するらしい?

 

お年玉切手シートは、恐らくですが、皆さんも1回くらいは当たったことあるのではないかと思います。基本的にお年玉切手シート言っても、ハガキに貼れば、ごく普通に使えるので、使い道はなくもないです(*´ω`*)

 

因みにですが、お年玉切手シートが当選する割合は年賀状50枚に1回ほどの割合という事です。ですから、家族全員分の年賀状を総動員すれば、1枚くらいは切手シート当たるのではないかと思います!

 

また、年賀切手が初めて発行されたのが昭和10年に対し、お年玉切手シートは昭和25年から発行されています。ですから、お年玉切手シートの古いものだと、60年以上も前のものがあるという事になりますね。

 

私はそこまで年取ってないですし、収集の趣味もないので縁がないですが。

 

お年玉切手シートは使うのがもったいない?

 

お年玉切手シートは、皆さんもご存知の様にその年の干支が切手になっていて、何枚かで組になっているものです。そのまま使っても良いのですが、お年玉切手シートはシートの状態で残しておくと買い取りもできるという事を、皆さんは知っているでしょうか?

 

つまり、単に使用するのは勿体ないといえます。それもですが、先ほども触れたように、お年玉切手シートは60年以上前から発行されているので、そのままの状態で保管しているのであれば、知らないうちに価値が上がっているかの性が高いのです(≧▽≦)

 

特に価値が高いのはお年玉切手シートの初期段階で配布されたものです。具体的に言うと、昭和25年から昭和31年までに発行されたお年玉切手シートの事を指します。また、それ以降でも保存状態などによってはそれなりの買い取り価格が付く事も!!

 

では、そこで気になるのがいったい誰が切手なんて買い取るのという事です。実は切手を専門的に買い取る業者さんがいるんですよ(*´ω`*)

 

 

切手買取【バイセル】テレビCMでもお馴染みの!

▼バイセルの切手のCMです▼

 

※動画再生時、音が出るので注意※

 

皆さんは上記のバイセルって業者、知っていますかね?テレビCMもやっているので知名度も急上昇中何ですが、色んなものを買い取ってくれるんですって。その中に切っても専門的に買い取ってくえっるという事何です!

 

基本的に365日、24時間受付なのでいつでも問い合わせる事ができて便利なんです。利用者の傾向としてはお正月直後という訳でもなく、衣替えの時にたまたまタンスから切手が出てきたり、両親が他界して遺品生理で出てきたりなどが多いらしいです。

 

 

切手の高価買取専門【買取プレミアム】

そして、もう一つ切手買い取りで有名な業者さんがあるので紹介しておくと「買取プレミアム」です。どの様な特徴があるのか調べてみると、以下の様に公表していました(`・ω・´)ゞ

 

●女性査定員も稼働中!
→女性のお客様でも出張査定を安心してご利用いただけます。
●スピード対応!
→申込みから最短30分でお伺いします。※アポイント状況によります。
●日本全国無料で出張査定!
→日本全国、手数料・キャンセル料一切かからず完全無料でお伺いします。※一部宅配査定となります。
●持ち運ぶ手間なし!
→ご自宅まで査定・買取に伺うので、持ち運ぶ手間がなく、一歩も外に出ずとも気軽にご利用いただけます。
●即現金化!
→金額にご納得いただけたら、その場で契約成立!すぐに現金をお受け取りいただけます。
● 徹底したアフターフォロー!
→クーリングオフはもちろんフォローコールも実施し、安心してご利用いただける体制を整えています。

 

とのことです。女性査定員さんもいてクーリングオフなどのアフターフォローもしてくれるというのですから、かなり徹底していますよね。ですから、この「買取プレミアム」もかなり信用性が高いように感じます。

 

詳しくは以下に公式サイトを載せておくので、興味がる方はバイセル同様参考にして下さい(^^)/

 

 

切手も欲しい人に買ってもらう方がいいかも♪

当たり前の事ですが、切手も箪笥の肥やしになっているケースがよくあります。でも、それが持っている人にとって愛着がるものであれば良いのですが、そうとは限りませんよね。もしかしたら、忘れているだけとか・・・

 

だったら、思い切って買い取りしてもらう方が良いのでは?切手が好きな方は数多くいますから、本当に欲しい方の手元に届けてあげる意味でも買い取りをしてみてはと思います。

 

 

きっと自分にとっては何でもない切手が、他の人にとってはレアだったり、懐かしのものだったりするかもしれませんので。その方が切手も役目を全うしているという気がしませんかね(*´ω`*)

 

 

スポンサーリンク

Copyright© 派遣会社営業マンのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.