自律神経失調症の原因と治し方:何科の病院で診断してもらうべきか!

投稿日:2019年6月20日 更新日:

 

現在、私は派遣会社の営業職として工場で働く方のサポートをしています。その中で、工場で働く方に多い悩みが自律神経失調症と症状です。それが原因で仕事を辞めたという方が驚くほど多いのです。

そこでですが、本記事では自律神経失調症の原因や治し方についてまとめてみました(^^)/

自律神経失調症の原因は何なのか?

 

先ず、自律神経失調症原因について触れておきます。一概には言えませんが、自律神経失調症に大きく関係しているのはストレスといわれています。

自律神経は血圧や消化器官機能などのコントロールを行う働きがあります。交感神経と副交感神経から構成されています。ストレスを受けると交感神経の働きが活性化します。

交感神経の活性化により、アドレナリンやノンアドレナリンといったホルモンが活性化します。交感神経の活性化により、アドレナリンやノンアドレナリンといったホルモンが多量に分泌されます。

すると、血圧が上昇したり、筋肉が縮小したりして、ストレスに対抗する為に体が緊張状態になります。ストレスをもたらす対象に対して怒りや恐怖などの感情も生じますから、精神面でも緊張状態になります。

 

自律神経失調症の症状をチェックしてみると?

 

では、自律神経失調症になると、どのような症状が現れるのか症状のチェック項目を見ていく事にしましょう。自律神経失調症の症状ですが、明確な基準がある訳ではありません。

一般的に以下の症状がある時は、自律神経失調症の疑いがあるという事です。この記事を見ている皆さんはどうでしょうか?

 

  1. 耳鳴り、眩暈感がする
  2. 動悸・息苦しさ・胸の圧迫感を感じる
  3. 手足が冷えることが多い
  4. 食欲がない
  5. だるくて疲れやすい
  6. 下痢傾向、または便秘傾向にある
  7. 吐き気・喉のつまる感じがする
  8. 顔や手足などの発汗が多い
  9. 立ちくらみがしたり、気分が悪くなりやすい
  10. 日昼でも眠気があったり、ボーとしたりする

 

実はいうと自律神経失調症は病院の検査で異常が見つからないケースが多いようです。実際に私も自律神経失調症で体調がすぐれない時に病院で血液検査をしたのですが異常はありませんでした。

自律神経失調症の不思議なところは、病院の検査では異常がないのに、何でか体の不調を訴えるケースが多いという事です。

 

中には自律神経失調症になってもそれに気が付かず、自分は体のどかが悪いのではないかと、あちこちの病院をはしごしてしまう方もいるそうです。

 

自律神経失調症とうつの違いとは、いったい?

▼自律神経失調症とうつ病の違い▼

※動画再生時、音が出ます※

 

現代はストレス社会といわれるようにストレスなく生活する事は不可能に近いといえます。自律神経失調症も多くの方が悩まされているのですが、それだけでなくうつ病に悩まされている患者さんも多くいます。

因みに、この記事を書いている私はうつ病を3回も発病させてしまった経験がある、かなりの重病人です(苦笑)

でも、そんな私でも自律神経失調症とうつ病の違いはというと、直ぐには答えられないのです。恐らくこの記事を見ている方の殆どがそうではないかと思います。

上記の動画は精神科医の先生が自律神経失調症とうつ病の違いを詳しく解説している内容です。私もきていて「なるほど!」となったので、興味がる方は動画を参考にしてみて下さい(^^)/

 

自律神経失調症は何科の病院で診断してもらうべき?

 

では、実際に自分で自律神経失調症の症状があるのではと思った時、「何科の病院で診断してもらうべきなのか!?」という事です。

実は私も以前、自律神経失調症の疑いがある時に内科の病院で受診した経験があります。その時に、どうなったかというと、驚くべきはその内科の医師も全く診断結果が出せないかったのです(゚д゚)!

基本的に、自律神経失調症の可能性があると判断した場合、真っ先に受診するべきは心療内科です。先ほども述べたように、自律神経失調症の原因はストレスと大きく関係しているといわれています。

 

特に、イライラや憂鬱(ゆううつ)・気分の落ち込み・不安・恐怖感、感情の起伏の激しさなどの症状が出ている場合は尚更です。メンタル面での治療が必要になってくるのです。

メンタル面での症状(精神症状)が一番強く出ている場合には、血液検査も実施している心療内科や精神科・メンタルクリニックの受診をお勧めいたします。

 

自律神経失調症は漢方薬でも治せるの?

 

因みにですが、自律神経失調症の疑いがある時に、心療内科で受診するのではなく漢方薬で治していきたいという方もいるでしょう。確かに、漢方薬は体質改善に良いでしょう。

ですが、覚えておきたいのは漢方薬は体調の不良を治す為ではないという事です。漢方薬はあくまで体質改善し、体の調子を整えるものという事です。それを踏まえた上で、以下の漢方薬を試すのもありかと思います。

 

 

 

ただし、自律神経失調症を本気で治したいのであれば、根本的な原因であるストレスの改善が必要不可欠になると思います。

会社のストレスが過度であれば転職を考えるのもありなのではと思います。私も転職を繰り返した身なので断言しますが、辞めるべき会社は早めの方が良いと思います。

また、生活習慣も乱れているのであれば、それもまた自主的に治す必要があるでしょう。夜更かしや睡眠不足が自律神経失調症を悪化させている可能性も十分考えられるます。

その上で、心療内科や漢方薬の処方を考えてみるべきなのでは私は思います(^^)/

 

以上、自律神経失調症の原因と治し方:何科の病院で診断してもらうべきか!...という話でした。

 

スポンサーリンク

Copyright© まさ子のブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.