葬儀費用相場:用品一式、会葬者接待、寺院費用などの価格

投稿日:

 

葬儀というのは、どこの家庭でもいつかは訪れるものです。いざ、葬儀となると葬儀会社に打合せする分からないことだらけという事も珍しくありません。特に葬儀費用がどれ程なのかは、多くの方が悩むところでしょう。

 

そこで、葬儀が始まる時に悩まない為にも、この記事では一般的な葬儀費用の相場を紹介しておこうと思います。また、自身の終活のための費用の目安にもなるので、預金などの参考にもしてください。

 

葬儀費用の相場:全国の相場をチェック!

 

先ずは、全国の葬儀費用の相場を地域ごとに比べてみる事にします。上記の図は日本消費者協会が調査した内容です。葬儀費用の全国平均は156.1万円でした。傾向としてみると、やはり都心部の方が相場が高いのが分かります。

 

上記の調査の内容は沖縄は含まれていないので、沖縄が含まれれば更にもう少しだけ平均額が少なくなるはずですし、その時の景気などによっても多少は費用が変動すると思われます。

 

なぜこのように都心と地方でこれほど葬儀にかける費用が違うのかというと、それは葬儀の種類によることが大きいからです。日本の行事の中でも葬儀というのは実に多様な形式がある様に私は感じています。

 

詳しくは以下で紹介するので、葬儀費用の仕組みなども併せて参考にして下さい。

 

葬儀の種類により費用は驚くほど変わる!

 

葬儀と一言で言っても、その種類によって行う内容も違いますし、何より費用が格段に違ってきます。基本的に私たち一般人が行う葬儀には以下の4つのパターンがあります。

 

●一般葬(通夜から火葬まで一般的に行う)
一般葬というのは、最も多くの方が経験する葬儀内容です。葬儀の規模は50名ほどが多く、通夜、告別式の後に火葬をするというごく普通の流れです。この一般葬の費用相場は903,332円です。

 

●家族葬(身内だけで取り行う)
家族葬というのは、家族や本当に身近な親族のみで行う葬儀を指します。20名程度の規模が殆どです。流れ自体は通夜、告別式、火葬と一般葬と同じです。費用相場は579,489円です。

 

●一日葬(通夜を行わなわず告別式のみ)
あまり馴染みはないですが、一日葬というものもあります。一日葬は一般葬の通夜を無くし、そのまま告別式を行う流れです。多少は一般葬よりも規模は小さくなる傾向の様で、費用相場は448,153円です。

 

●直葬・火葬式(火葬のみを取り行う)
直葬・火葬式は時の如くですが火葬のみを取り行う事になります。その場合は、身内と近縁の親族のみで終わる為、費用も最小限で済ませることができます。費用相場は190,167円です。

 

余程は一般葬で取り行う事になるでしょう。一般葬で故人を送ってあげたいと思うのが家族や周りからの願いというのも間違いないでしょう。

 

ですから、地域というよりも自分の家族がどの形式の葬儀を行うかが最終的に葬儀費用を決定するポイントとなるという事です。

 

葬儀費用の内訳(仕組みを分かりやすく解説)

 

では、上記で解説した葬儀費用の内訳も説明しておきます。基本的に葬儀費用というのは大きく分けて3つから構成されています。その3つというのが「葬儀一式費用」、「飲食接待費用」、「宗教者への支払い」です。

 

 

●葬儀一式費用
言うまでもなく、葬儀には葬儀場の手配、祭壇に飾る花などの費用、霊柩車など用意など様々な費用がかかります。この葬儀一式費用が最も重い比重を占めるので、葬儀会社としっかりと相談の上、決めるべきでしょう。凡そですが全体の5~6割ほどになります。

 

●飲食接待費用
飲食接待費用というのは通夜、告別式の後にふるまう接待料理や返礼品の費用などです。訪問者の数にもよるので一概には言えません。おおよそ総費用の2~3割を占めます。これは訪問者への礼儀にもなります。

 

●宗教者への支払い
読経料や戒名料など、僧侶に依頼する内容にかかる費用です。宗派や教会によって大きく異なります。こんな事を言うと何ですが「坊主丸儲け」という言葉がある様に、この費用の事を揶揄しているという事ですね。これも2~3割ほどは占めるはずです。

 

恐らくこれらを自分で決めるのは難しいのではないかと思います。できる限り、葬儀会社や周りに葬儀を行った方がいるのであれば、先ずは相談してみる事をおすすめします。

 

葬儀費用の為に用意しておく費用は200万円ほど?

 

最後に葬儀の費用の為にどれくらいの予算を見積もっておけば良いのかという事をまとめておきます。葬儀費用というのはその家族の意思次第で多くも少なくもできます。ですが、仮に一般的な葬儀を取り行うのであれば200万円くらいは見積もりたいところです。

 

もし、自分が終活の為、自身の葬儀費用をあらかじめ用意しておきたい時は200万円ほどは用意しておくことをおすすめします。200万円ほどあれば、一般的な葬儀を取り行っても不足する事は余程ないのではと思います。

 

勿論、多くの貯えを家族に残せればそれに越したことはないのですがね(*´ω`*)

 

スポンサーリンク

Copyright© 派遣会社営業マンのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.