水虫は自然治癒で治らない!竹酢液、炭せっけんを使うと水虫の症状改善が期待できる!

投稿日:2019年9月11日 更新日:

 

この記事を書いている私ですが、営業の仕事を始めてかれこれ5年ほど経ちます。

その間、革靴を履き続けながら歩き続けたせいで、足の裏はボロボロです。つまり、水虫の症状が酷いという事です。

そこで本記事では、水虫の原因と治し方についてまとめてみました(`・ω・´)

水虫の症状にも色々ある!足の裏の皮がボロボロ!

 

先ずは、私が悩んでいる水虫の症状について触れておきます。

皆さんもご存知のように、水虫は革靴を履き続ける現代人の職業病ともいえる症状です。

一般的に水虫というと、足の指の間がグチュグチュになったり、痒くてたまらなくなるイメージがあります。

 

ですが、私の場合は足の指の間がグチュグチュになる事もなければ、別段、痒みなどもないのです。

ただ、ひたすら足の裏の皮がボロボロになってしまうのです。それも、毎日毎日、足の裏の皮がむけ続けるのです。

 

私の部屋などはボロボロになって落ちた、足の皮が散乱している有様です(゚д゚)!

 

水虫の原因は白癬菌(はくせんきん)というカビの一種!

 

では、いったいなぜ水虫ができてしまうのかという事です。当然ながら、水虫になるのには理由があります。

 

基本的に水虫の幹部を顕微鏡で調べると、白癬菌(はくせんきん)というカビの一種が存在すると言われています。

白癬菌は蒸れて不衛生な状態を好みます。また、古くなった皮脂などを栄養源とするとも言われています。

 

 

白癬菌の詳しい解説は、上記の記事でも解説しています。良ければ参考にして下さい。

 

水虫は自然治癒するの?日光浴で乾燥させて治る?

 

ところで、水虫ってどうやって治すのと疑問に思っている方も少なくないはずです。

私も長年、水虫に悩まされていますから何とかして治そうとはしています。

ですが、先ほども触れたように水虫の原因は白癬菌です。その白癬菌がどうやって死滅させるのかは謎なところです。

 

水虫の白癬菌は蒸れた不衛生な状態を好むのであれば。。。

そう考えて、日光浴で乾燥状態に知れば自然治癒するのでは?と考える方もいるのではないかと思います。

 

私もそれは考えたことがあります。

ですが、残念ながら日光浴などの乾燥では白癬菌は絶対に死滅しないと私自身、体験しています(ノД`)・゜・。

 

日光浴で足の裏を乾燥させることはできます。但し、皮がボロボロ向ける状態は変わらなかったのです。

そうなると、自然治癒という方法もないという事になります。

 

結局、水虫を根本的に治すにはどうしたら良いのかという事です。

 

水虫を治すには「竹酢液」、「炭せっけん」が効果的!

 

水虫を根本から治すにはどうしたら良いのかという事ですが、やはり有効なのは市販薬です。

但し、水虫の症状により使用する薬の種類は異なると言われています。詳しくは、以下の通りです。

 

 

私のように皮膚がボロボロとなってしまう患者は塗り薬が良いと言われています。

但し、薬というのはなかなか根気よく使用しないといけなかったりと、何かと面倒なところもあります。

 

そんな時は、以下の「竹酢液」、「炭せっけん」も有効でしょう。

 

【竹酢液】

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

Copyright© 派遣会社営業マンのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.