骨董品買取で掛け軸や古い壺を査定してもらうと高額査定になる事も!

投稿日:

 

骨董品と言えば、テレビの「お宝鑑定団」が有名ですよね。骨董品買取:掛け軸・茶道具・陶器、陶芸・中国美術・絵画・甲冑・古銭・西洋美術・彫刻・香木・金銀製品・翡翠 など有名作家の掛け軸が何百万円にも化けたり、逆に何百万もすると思ったものが数千円だったり(笑)

でも、そんな骨董品が自宅から出てきたら、その査定額がどんなものか興味はないでしょうか?

特に古いお屋敷で蔵の中から思いがけない骨董品が出てきた時には、高額査定が付くのではと期待もしてしまうものです。場合によっては、買取で思わぬ収入になる事もあるかもしれませんしね(≧◇≦)/

 

出張買取では、どんな骨董品が買取可能なの?

 

先ずは出張買取でも、どの様な骨董品が買取査定の対象になるのか調べてみました。私が調べたのは、出張買取の最大手のバイセルです。刀剣・象牙・剥製を除くオールジャンルの骨董品を買取対象としています。

掛け軸・茶道具・陶器、陶芸・中国美術・絵画・甲冑・骨董品・着物・古銭・西洋美術・彫刻・香木・金銀製品・翡翠 など市場価値を持つ骨董品であればどのようなものでも買取できるという事でした。

見た目からは想像もつかないような価値を秘めていることもある骨董品もしかしたら出てくるかもしれません。「これって価値はあるの?」と悩んだ時点で買取査定を依頼するべきでしょう。

仮にその骨董品が贋作で価値が殆どなくても、問題ないですし、キャンセルしてそのまま自宅に飾っておくのも良いでしょう(笑)

 

 

骨董品の相場は上昇傾向?骨董品が高額買取される理由とは?

近年、骨董品の買取相場は徐々に上昇傾向にあり、現在も高水準が維持されています。中には、海外から日本の骨董品を探している海外のコレクターの方もいるくらいです。

最も大きな要因となっているのは、インターネットの普及により、海外マーケットへ販売することが容易になった事です。

また、買取相場の上昇の背景には、世界的な古美術品投資、骨董市・美術展イベントの増加による骨董ファンの増加、減価償却に関する法改正による企業の節税対策などの要因があるとされています。

 

それまでは値段が付けづらかった骨董品も買い手が付きやすくななっています。国内の一部のコレクターのみに需要のあった商品は海外オークションなどで数倍の額で取引されることもあるのです。

現在、骨董品市場はまさに「売り手市場」といえます。

遺品生理や古い蔵などの整理で見つかった絵画、ご親族から譲り受けた掛け軸、遺品整理で出てきた茶道具。買取相場の上昇している今、不要な骨董品の売却を検討してみてはいかがでしょうか?

他にも、色々なものが買取査定になっているので、思い当たるものがあれば以下の記事も参考にしてみてはと思います(^^)/

 

以上、骨董品買取で掛け軸や古い壺を査定してもらうと高額査定になる事も!...という話でした。

 

スポンサーリンク

Copyright© まさ子のブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.