携帯料金引き下げプランを国が議論:分離プランで携帯料金4割減?

投稿日:

 

昨今、格安スマホが普及し、大手通信会社(Softbank、docomo、au)以外の携帯会社を利用する方も目立ってきました。そんな中、大手通信会社も動きがある様です。

何でも国が大手通信会社に対し携帯料金の引き下げプランの提示を求めているというのです。

大手通信会社の法外ともいえる携帯料金の悩み・・・

 

皆さんも恐らくは経験したことがあると思いますが、大手通信会社(Softbank、docomo、au)の驚くほど高い携帯料金。本記事を書いている私も当然経験があります。

社会人になりたての時、さっそく心機一転という事でスマホに乗り換えた時、月々の携帯料金が1万2千円以上するというしょうが気を受けたことを今でも鮮明に覚えています。

 

一般の会社員の方にとって1万を超える額をスマホだけに賭けるのは、とても馬鹿げた内容に思えるのではと思います。そんな中、国が大手通信会社に「携帯料金の引き下げプラン」を提示していることが分かったのです。

携帯料金の引き下げプランが実現されれば、4割ほど携帯料金が引き下げられるかもしれないというのです。これは興味びない内容に違いありません。

 

大手通信会社の料金プランの変更を国が要求する背景とは

 

現在の大手通信会社の料金プランというのは、通信会社を乗り換えると購入した端末大込みの料金が月々の支払いに通話料に加算される仕組みです。

基本的にこのスマホ代の端末代は2年後払い終えるのが一般的です。ですがその2年が過ぎると同時に通話料の割引サービスも消滅してしまうのです。つまり、端末を3年以上使い続けるとサービスがなくなり料金が余計に高くなるという事です。

 

また、端末代金が高いほど通信料の割引幅が大きくなると点も通話料が高くなるのに拍車をかけています。

国が大手通信会社に対し、携帯料金の引き下げプランを提示しているのはこのように、端末ごとの割引の幅に差をつけることの廃止などです。端末によって、割引の内容に差をつけるのは不公平といういうのが国の言い分という言事です。

 

 

そして、何より国が押しているのはスマホの本体端末大と通話料の「分離プランの義務化」という事です。これにも一度購入した端末をそのまま長く使えるようにという国側の狙いが見て取れます。

 

大手通信会社の方は「分離プラン」をすぐ選択するべき!

 

なぜか分かりませんが、日本人というのは流行りものに弱い傾向があります。その為、10万円近いスマホの端末を勧められるままに契約し、月々の通話料にプラスされてしまうケースがよくあります。

これでは大手通信会社の思惑にまんまとハマってしまっているようなものです・・・

 

もし、これから大手通信会社と契約しようと思っているのであれば、始めからスマホ本体端末と通話料が分かれている「分離プラン」の選択をするべきです。スマホの本体代も3万円前後であれば、それなりの機能が整っているはずです。

その端末をずっと使い続ける事が今の大手通信会社で携帯料金を抑えることになります。

 

安い端末と格安SIMの組み合わせがやはり最安値!

 

また、それでも大手通信会社の料金が高いという方はムリにそこばかりにこだわる必要もないのではと思います。最近は、格安SIMの普及が著しく、思い切って乗り換える手も十分ありだと思います。

格安SIMは上記の画像の様に、メモリーカードの事です。要は大手通信会社とは違う料金プランでスマホが利用できるものです。

 

例えばLINEモバイルなら、LINEは使い放題です。通常の格安SIMで利用できないID検索で相手を登録もできます。通信は1GBまであり、10分以内の通話なら掛け放題がついて月々の支払いが2,080円という事です。

どう考えても、大手通信会社のプラン変更を期待するより、はるかに現実味がある数字ではないでしょうか?

 

 

この記事を読まれている方も、恐らくは携帯料金に悩まされている、もしくは、以前悩まされてた経験があるからこそだと思います。その気持ちはこの記事を書いている私もすごく分かります・・・

 

私も大手通信会社の時は何度も販売店に運び料金の引き下げできないか店員と話し合いました。ですが、結局は何もできないというのが関の山でした。

現在、私は格安SIMにしています。何とかして大手通信会社には料金プランをしてもらいたいものです(苦笑)

 

スポンサーリンク

Copyright© 派遣会社営業マンのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.