膝を曲げると痛い!膝の痛みを軽減するサプリメント&サポーターをチェック!

投稿日:

 

最近ですが、私の両親の老化も著しくなってきました。特に母親は膝が悪くなってきたのが目に見えて分かります。

そこで、膝の痛みの原因とその対処法について調べてみました。膝の痛みは放置しても良くなることはないといわれています。もし、私も膝の痛みがあるという方は参考にして下さい(^^)/

膝の痛み(曲げると痛い)の原因のは、なぜか!?

 

普段はそうでもないのに、膝を曲げると痛いという経験をした方もいるのではないかと思います。

私の母も若いころは全く問題なく膝のを動かすことができたのですが、年齢が増えるにつれ膝の曲げ伸ばしがしずらくなっ嘆いています。そして、最近ではひざを曲げると遺体と感じることも出てきたのです。

歩く程度には良いのですが、屈伸ができないという事なのです・・・(;^ω^)

でも、どうして年を重ねるにつれ膝の曲げ伸ばしをすると、膝が痛くなるのか気にもなるところです。できる事なら、少しでも膝の痛みが軽減できる方法はない物かと考えてもしまいます。

そして、私なりに膝を曲げると痛いという症状で多いのが以下のような原因だと分かりました。あくまで膝の痛みの原因の一つでしかありませんが、参考にはなると思います(#^^#)

 

膝の痛み(曲げると痛い)の原因の一つは変形性膝関節症(へんけいせいしつかんせつしょう)かも!?

膝の痛みの中でも曲げると痛い原因の一つに変形性膝関節症(へんけいせいしつかんせつしょう)という症状があります。普段あまり聞きなれない言葉ですが、どうやら膝の痛みの中でも特に多い傾向にあるようです。

そもそも変形性膝関節症は、日本人に非常に多い関節の悩みです。加齢・肥満などにより関節部分の軟骨がすり減ってしまうことで骨同士が摩擦を起こしそれが痛みに変わるという仕組みです。O脚やX脚により軟骨のすり減るスピードが早くなる場合もあるでしょう。

関節軟骨には血管が通っておらず、血管が集まっている骨や筋肉と比べると十分な栄養が供給されません。それも年齢が増えるにつれ軟骨成分の生成するスピードは衰えていきます。そして、クッションの働きを十分に果たさなくもなります。。。

 

そのため長い年月をかけて軟骨がすり減ってくると、曲げる時に痛みが生じるのです。

 

膝の痛み用のサポーターの価格もチェックしてみたい!!

 

膝の痛みはなかなかないらないので苦労している方も多いのではないかと思います。確かに、病院で医薬品を処方されたり、サプリメントで膝の軟骨成分の生成を心がけるのもありでしょう。

ですが、できる事なら今すぐにでも膝の痛みを少しでも軽減したいという方もいるのではないでしょうか?? そこでですが、以下に膝の痛みの軽減が期待できそうなサポーターを一括掲載しておきます。

各サポーターにどの様な特徴があるのかや、価格がいくらなのかが比較しやすいのではないかと思います(`・ω・´)ゞ

 

膝周りを安定させ負担を軽減「坂本トレーナーのぐんぐん歩けるサポーター」

24時間TVのマラソンコーチ、坂本トレーナーの長年の経験から開発した「坂本トレーナーのぐんぐん歩けるサポーター」。膝を包み込むようにサポートしているので、膝に負担がかかりにくくブレを抑えて安定した歩き方になります。 膝の縦の伸縮を抑えているので自然に足が前に出て歩行を助けます。吸水・速乾性に優れ、肌あたりの柔らかな、東レの「エアロタッシェR」を採用し、肌あたりが良く、通気性も良いので長時間着用していても快適です。 数々のアスリートをプロデュースしてきた坂本トレーナー監修のこだわりのサポーターです。

 

リハビリ病院が開発 筋肉補助する膝サポーター「らくらく温泉ひざサポーター」

膝に悩む方が楽に歩けるよう温泉リハビリ病院の作業療法士が開発した膝サポーター「らくらく温泉ひざサポーター」。JA静岡厚生連リハビリテーション中伊豆温泉病院が、ひざに悩む方でも不安なく、少しでも楽に歩き続けてもらうために開発したオリジナルサポーターです。 膝まわりの筋肉を加圧サポートする加圧式で、膝のお皿はしっかり固定しながら、膝の曲げ伸ばしも自由に、歩行時の膝を楽に維持します。

 

人気ランキング商品/医師の考案したひざサポーター「お医者さんのひざベルト」

医師の考案したひざサポーター「お医者さんのひざベルト」。ひざ痛は高齢になるとほとんどの方が持っている悩みで、当商品は医師が開発したということで大変信頼感があり、大ヒットしている商品です。

 

ひざの磁気治療サポーター「メディカルマグネッカーDXひざ用」

磁気と遠赤外線のダブル効果でひざの冷えと痛みに効く「メディカルマグネッカーDXひざ用」医療用磁石と遠赤外線のダブル効果で、寝ている間にひざ周りの血行を良くし、ひざの痛みを解消する夜用ひざサポーターです。

 

動きやすさを追求した新しいひざサポーター「バイオメカサポーター膝関節」

膝関節を圧迫・固定せず、つらい膝の症状を予防・解消する新発想のひざサポーター「バイオメカサポーター膝関節」。 社会文化功労賞を受賞した鳳麟堂の愛知政則先生が、生体力学に基づき、骨格、筋肉の働き、歪みの影響を考えた独自の理論「筋肉の連鎖」を応用して作られました。 膝をらせん状に巻いていくベルトの適度な弾力性が膝を安定させ、軽やかな足運びになり、歩行や階段昇降が楽になります。

 

膝の痛み(曲げると痛い)改善用の軟骨サプリメント!

 

現在ではひざの痛みに関しても色々な改善方法が提唱されています。症状も人それぞれですから、最終的な判断はその方に判断にもよるでしょう。もし、極端に膝の痛みがひどい時はすぐ病院で診断をしてもらう事が賢明かもしれません。

ですが、病院だけでなく私たちが普段の生活の中で膝の痛みの改善を促進できる要素もあるのも事実です。例えば、ストレッチやサポーターの様に痛みを軽減する方法もありますが、最近ではテレビCMなどで膝の痛みに関するサプリメントが宣伝されてもいます。

皆さんもグルコサミンやコンドロイチンなどの言葉は一度くらいはきたことがあるのではないでしょうか??

現在は私も膝の軟骨成分の生成に有効なサプリメントを服用しています。それが今、膝の痛みに関するサプリメントとして最も売れている「タマゴサミン」です。膝の軟骨成分を生成するにかなり効果が期待できると評判です。また、私も効果を実感しているユーザーの一人です♪

 

もし、タマゴサミンに興味がるのであれば上記に公式サイトを掲載しておくので参考にしてください(#^^#)

以上、膝を曲げると痛い!膝の痛みを軽減するサプリメント&サポーターをチェック!...という話でした。やはり、自由に歩いたりしていですからね(#^.^#)

 

 

スポンサーリンク

Copyright© まさ子のブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.