妊娠中にコーヒーを摂取すると?カフェインが胎児に及ぼす影響について

投稿日:2019年5月29日 更新日:

 

私もコーヒーが好きで飲みますが、この記事を見ている方の中にもコーヒー好きな方もいるのではないかと思います。そんな日本人の生活に欠かせないコーヒーですが、何で妊娠中は避けた方が良いのか皆さんは知っているでしょうか?

コーヒーのカフェインが胎児に何らかの影響が...みたいに何となくしか分からないという方も多いもいます。そこで、私なりに調べてみたのが以下の内容です(^^)/

コーヒーのカフェインって、どんな成分なの?

 

妊娠の話題以前に、コーヒーのカフェインという成分について話していこうと思います。恐らくカフェインという言葉自体は誰しも知っているはずです。ですが、そのカフェインが何かと聞かれると答えるのは難しいですよね(笑)

そもそも、カフェインというのは何なのかをネットで調べてみると...

 

【カフェインとは】

カフェイン(英: caffeine, 独: Coffein)は、アルカロイドの1種であり、プリン環を持ったキサンチンの誘導体として知られている。興奮作用を持ち、世界で最も広く使われている精神刺激薬である。カフェインは、アデノシン受容体に拮抗することによって覚醒作用、解熱鎮痛作用、強心作用、利尿作用を示す。

コーヒーから分離されカフェインと命名された。主に、コーヒー飲料、緑茶、ウーロン茶、紅茶、ココア、コーラや栄養ドリンクなどの飲料、チョコレートなどにカフェインが含まれる。一方で、妊娠期や過敏体質によりノンカフェインコーヒー、麦茶などカフェインを含有しない飲料の需要もある。医薬品では総合感冒薬や鎮痛薬に用いられる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

アルカロイドの1種であり、プリン環を持ったキサンチンの誘導体という事で、全くの意味不明でした(笑)

いずれにしても、覚醒作用、解熱鎮痛作用、強心作用、利尿作用のある世界で最も広く使われている精神刺激薬である事は間違いないという事は、この時点で確かという事ですね。

 

妊娠中にコーヒーを控える理由:カフェインによる胎児への影響

 

なぜカフェインを含むコーヒーは妊娠中に控えた方が良いのかという事について調べてみると以下のような内容が見つかりました。

アメリカのある研究機関が発表した統計によると、毎日200㎎以上のカフェインを摂取する妊婦とまったくカフェインを摂取しない妊婦では流産の確率が2倍も違ったというデータもあります。

カフェインによる胎児への影響なども現在、色々と議論されている為、正確な影響は医師によっても異なるそうです。有力な説では胎児は肝臓が未発達な為、カフェインを分解しきれないという事です。

それにより、母子ともにカフェインの影響が何らかの形で出るのではと考えられています。その一つが流産だと指摘されているのです。

 

また、カフェインには先ほども触れたように利用作用もあります。そうすると、尿と同時にカルシウムも排出されやすくなるのです。つまり、胎児の骨格を作るためのカルシウムが不足しがちになるという事です。

 

カフェインは授乳にも悪影響なの?母乳への影響は?

 

では、出産したらすぐにコーヒーを飲み始めても良いのかというのも気になるところです。大抵の方が、そこで気になるのがカフェインが母乳、そしてそれを飲む乳児への影響ではないかと思います。

赤ちゃんが直接、コーヒーを口にしなくても母親がコーヒーを飲み続けると、凡そですが、その1%程度が母乳に浸透するとい言われています。1%ですからコーヒーを2~3杯飲んだくらいでは、深刻な問題にはなる事はまずないです。

ただし、母親が極度にコーヒーを愛飲している時などは控えた方が良いかもしれません。

<<カフェインが赤ちゃんに与える影響>>
・泣く回数が増える
・情緒不安定になる
・夜寝なくなる

カフェインは、大人の眠気覚ましに利用されるくらいですから赤ちゃんにはなるべく控えたい成分であるのは間違いない事です。

もしですが、カフェインを飲み続けていると女性で妊活を考えているのであれば、代わりのノンカフェイン飲料を予め探しておくと良いでしょう。

因みに、最近はルイボスティーがノンカフェイン飲料として爆発的な人気があります。興味があれば、以下の内容も参考にしてみると良いでしょう。

 

ノンカフェイン飲料ならルイボスティーがおすすめ!

 

聞きなれない方もいるかもしれませんが、ルイボスティーのルイボスというのは南アフリカ原産の茶葉を使用したお茶です。紅茶のうな風味ですが、ノンカフェインです。

また、抗酸化作用により疾病予防などの効果が期待できるといわれています。ルイボスティーに関しては以下の記事に詳しくまとめました。興味があれば参考にして下さい(^^)/

 

 

それに、決して妊娠中、授乳中だからコーヒーなどのカフェインを含む飲み物がダメという訳ではありません。

1日に2杯程度のコーヒーなら余程影響がないとも言われています。あくまでコーヒーによるカフェインの影響が心配されるのは、飲み過ぎないようにという忠告という事でしょうね!

 

以上、妊娠中にコーヒーを摂取すると?カフェインが胎児に及ぼす影響について...という話でした。

 

スポンサーリンク

Copyright© まさ子のブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.