靴擦れが原因でかかとの水膨れが酷い!靴擦れを治す防止グッズをチェック!

投稿日:2019年4月15日 更新日:

最近、私は営業で街中をヒールで歩いています。やはり購入したばかりの革靴は靴擦れがします。靴擦れが原因で水膨れができて、足が痛くてしょうがないのです(ノД`)・゜・。

そこで、靴擦れを防止する何か良い防止グッズはないかと探してみました!

靴擦れして気が付いて私の足!左右で微妙に形が違う!

 

営業職でない方はなかなか経験がないかもしれませんが、ヒールは本当に靴擦れがします。どれだけ購入する時に慎重になっても、靴擦れが出てきてしまうのです。

何でかなと疑問に思っていたのですが、原因は私の足の形が左右で違うという事でした。実は私の左脚の小指には2本骨が入っていたのです。小学生の時に片方の骨を取りましたが、言うまでもなく足の形は左右で微妙に違うままです・・・

これでは靴擦れもできて仕方ないというところです。よくよく考えると人間って、左右で必ず対象とは限らないですよね。そう考えると、靴擦れ対策は常にしておきたいところです。

 

靴擦れ対策におすすめの防止グッズをチェック!

靴擦れといっても、足の部位によって水膨れのでき方も違ったりします。どこに靴擦れができるかは、人それぞれですよね。そこで足の部位ごとに靴擦れ防止グッズを紹介しようと思います。

先ずはかかとの靴擦れ対策用のパッドです。ヒールの縁が擦れで足首部分の皮が捲れてくることがあると思いますが、これで帽子ができるはずです。

実際に足に貼ると、違和感なく貼れるのではないでしょうか?

 

 

かかとに水膨れができても絆創膏は見た目が悪い!

 

偶にですが、かかとに少し上に絆創膏を張っている方を見かけます。ですが、営業職の方は特に見た目には気を遣った方が良いかと思います。営業マンは見た目が大事といいますがまさに、その通りですよね。

見た目が大事という事を数字で表すのによく「メラビアンの法則」が紹介されます。そのような内容かというと、以下の通りです。

 

 

【メラビアンの法則】

メラビアンの法則というのは、「7-38-55のルール」とも言われます。感情や態度について矛盾したメッセージが発せられたときの人の受けとめ方について、人の行動が他人にどのように影響を及ぼすかというと法則です。

好意・反感などの態度や感情のコミュニケーションについてを扱う実験結果から、話の内容などの言語情報が7%、口調や話の早さなどの聴覚情報が38%、見た目などの視覚情報が55%の割合であった証明されたました。

この割合から「言語情報=Verbal」「聴覚情報=Vocal」「視覚情報=Visual」の頭文字を取って「3Vの法則」という方もいます。

 

靴擦れしないパンプスの通販情報もチェックしておくと!

 

パンプスと言えば革靴の一種ですが、履き口である甲部分が大きく開いており、基本的につま先及びかかと部分は両方共に覆われているのが特徴です。締めひもや留め金は付いていないのも特徴です。

本来は正装用ではあるが、近年さまざまな種類が生まれ、素材やデザインの工夫でカジュアルなものができるなど、用途の幅は広がっている様です。そこで、本記事では靴擦れしないパンプスの通販情報も調べてみました。

 

 

このように靴擦れでかかとの水膨れができる場合でも色々と対処法があるのも事実です。靴を履き替えるたびに水膨れが出てしまうと大変です。ですから、そうならない為の対策も考えておきたいところです。

因みに私はかかとの水膨れができてしまったら、ヒールを履くのを辞めていまいした。営業だけの時、ヒールを履いていたのですがやはりそれも今思えば面倒なだけでした。

同じようにヒールを履く機会が多い方は、上記の内容を参考にしてもらえればと思います。以上、靴擦れが原因でかかとの水膨れが酷い!靴擦れを治す防止グッズをチェック!...という話でした。

 

スポンサーリンク

Copyright© まさ子のブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.