香典返しお礼の品物の相場はいくら?人気ランキングは?

投稿日:

 

香典返しは、故人のお通や、葬儀に参列し、供物を頂いた方へお礼をする為にも最低限のマナーとも言えます。ですから、香典返しの品物もできる限り相手が喜ぶものを選びたいものです。

 

この記事では香典返しの品物として人気が高いものをランキング形式でまとめました。香典返しの品物は何にしたら良いのかと迷っているのであれば、ぜひ参考にして下さい。きっと役に立つはずです(^^)/

 

香典のお礼の品物の相場はいくらくらいがベスト?

 

香典返しとは、言うまでもなく香典を頂いた方へのお礼ですが、そもそのその香典返しの習慣はなぜあるのかという事です。昔の日本では故人のお通やや葬儀に参列した方から香典をもらう習慣がありました。

 

そして、全ての行事が終わると香典の半分程度が残るというのが一般的なところだった油です。その為、香典返しはその残りの半分を使ってお返しをするのが習わしになったようです。

 

但し、それはあくまで習わしですし、今の家庭環境ではそれはとても無理という方もいることでしょうから現在では香典の2分の1~3分の1程度というのが相場になっているようです。以下に香典で人気の商品をいくつか紹介しておきます。

 

おこころざし.com(香典返し・法事返しの専門店)

 

「おこころざし.com」は香典返しや、法事・法要返しの専門オンラインショップです。

一度にたくさんの方へのお返しに便利な、お好きなものをお贈り先に選んでいただけるカタログギフトをはじめ、仏事の返礼にふさわしいタオル、食品等を多数ラインナップしています。

商品内容も忌明けのお返しや三回忌等の法要のお返しのためご家族の方が中心です。出産・結婚等と異なり事前に十分に準備できるものではないため、急ぎの方に喜ばれています。

⇒ 香典返しは「おこころざし.com」送料無料のカタログギフトや、タオル・食品などを取扱。かけ紙・挨拶状等は無料対応

 

お返しナビ(香典返しの定番です!)

 

「お返しナビ」は香典返し、法要引出物、初盆のお返し、盆提灯などを扱う仏事専門のギフトショップです。

取扱商品は2000点以上で、最大20%割引きになる買えば買うほど安くなるお得な割引きシステムの他に挨拶状や熨斗、包装紙も無料で付けてもらえます。

価格帯別に内容が選べるので予算に応じた商品が直ぐに見つかるのも利点ではないかとお澪ます。香典返し選びには最適です

⇒ 香典返し最大20%割引き!

 

ソムリエ@ギフト(ショップオブザイヤー受賞店!)

 

カタログギフトギフトならソムリエアットギフトです。

姉妹店の楽天市場店にて、楽天ランキング1位から10位までを独占しています。プレミアムカタログギフトから、北欧スタイルのカタログギフトILLUMS、 グルメカタログ ダンチュウなど、カタログギフトのなど品数も豊富です。

その中には香典返しの品として人気が高いものもあるので、こちらもチェックしておきたいところです。

⇒ カタログギフト大特集

 

香典返しをその日に返す「当日返し」も多いです!

 

香典返しを丁寧に一人ひとり書いて出したいのは誰しも思う事ですが、そのもそも通夜や葬儀がいつあるか分かりません。当然、香典返しも慌てて検討する事になり、一人ひとりにていねいに返す余裕がない場合もあります。

 

その為、最近では葬儀の当日に香典返しを配る「香典返し」を行う家庭も増えてきました。ただ、当日の場合は香典がいくらかはなってみないと分かりません。

ですから、その場合当日返しは2000円~3000円程度の品物を選ぶケースが多くみられます。

 

ただ、仮に1万円の香典を頂いたとします。すると、当日返しだけでは足りない事になります。その場合は、四十九日法要のあとに改めて2500円くらいの品物を贈り、合わせて5000円くらいになるようにお返しをするのが一般的です。

 

現代は何かと仕事、仕事という事で家庭に時間を割くことが難しい状況が出てきています。時代と思に香典返しのスタイルも変化しつつあるという事です。その時代に合った最善な補法を選びたいものです。

 

 

因みにですが、不測の事態で香典返しができないという家庭もあるかもしれません。そんな時は、以下の内容も参考にして下さい。

 

香典返しが遅れない場合は挨拶状で詳しい近況を!

 

また、家庭の事情で香典返しができない時は丁寧に挨拶状で現状を報告した上でのお礼をするのが礼儀です。例えば、一家の大黒柱がなくなり、子供の養育費がかかる為お礼が挨拶だけになってしまったことなど・・・

 

香典返しというのは相手への感謝の気持ちを表すものですから、返せなくても、それに代わる挨拶などもできる限り誠意をもって対応したいところです。

 

香典も香典返しもいずれにしても、相手の家庭を思って行うものです。それだけに、もちろん礼儀も大切ですが、気持ちを忘れないようにしたいところです。お互いの家族が良好な関係が続くようにするのが本当の目的でしょう。

 

スポンサーリンク

Copyright© まさ子のブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.