窓の暑さ対策:遮熱シートで紫外線を防ぎ室内温度を抑える方法

投稿日:

 

近年、温暖化のせいで夏になると40℃を超える日も続くようになりました。あまりの暑さに体調を崩してしまうという方もいるでしょう。実はいうと、この記事を書いている私も食欲不振でかなり体力が落ちていました。

勿論そんな時は冷房も良いのですが、それ以外にも真夏の暑さ対策はできると思います。本記事では、そんな暑さ対策の一つとして窓の遮熱方法を紹介しようと思います(^^)/

 

夏の暑さ対策は窓を工夫するだけでも室内温度が違う!

 

夏のなると、部屋が蒸し暑くなる事がありますが、その理由は何かというと約70%以上が窓からの日差しと言われています。手っ取り早く遮るのであればカーテンを閉めるのも一つの手でしょうが、毎度、カーテンともいかないでしょう。

それに在宅中は人がいるので窓を開けていても問題はないでしょうが、外出中は防犯の観点からも窓をしっかりと閉めないといけません。こうなるともはや温室ともいえるべき状態です。

また、意外と気が付いていない方も多いですが、夏場の日焼けは窓越しからでも起きます。つまり、紫外線を通して私たちの肌に影響を与えるという事です。

ですから、まだにも何らかの日差し除けの工夫が欲しいところです。そこで、役立つのが以下の遮熱シートです。

 

断熱フィルム:マジックミラー効果がある物も

 

まず私が始めに紹介するのは「マジックミラー式の遮熱シート」です。窓・ガラスにマジックミラーシートを貼るだけ、熱がガラスから反射・吸収し、透過する熱量を低下させます。冷房効果がアップし、省エネ効果・節電になります。

夏の冷房代がダウンしますし、冬場は逆に暖房などの保温効果が期待できます。外からプライベートを見られたくないという方は一石二鳥みたいな感じではないでしょうか?

 

プチプチシート:水だけで貼れる物も

 

次に紹介するのがプチプチ(正式名がよく分からないですが・・・)の遮熱シートです。これも先ほどのマジックミラーの遮熱シート同様に夏は日差しを遮り、冬は保温効果もあります。

その為冷房代、暖房代などの節約にもなります。取り付けも意外なほど簡単で、切り取った後、霧吹きで水を透けたらそのまま張り付けるだけで密着するのです。手間もかかりせん

 

 

アルミシート:お手軽に熱を反射

 

銀色に光るアルミの遮熱シートも夏の日差しを防ぎ、冬の保温効果に優れています。アルミなので張ると、外からは仲が全く分からないですが、問題は見た目がどうかという事です。

アルミの材質はともかく見た目を意識した住宅の方には不向きかもしれません。日差しが極端に強い窓のみ使うなどでも良いかもしれません。

 

遮熱シートは省エネ・節約にも役立つ優れもの!

 

先ほども触れたように、遮熱シートは夏場の日差しを遮る事で冷房代の節約にもなりますし、冬場は逆に保温効果もあるので、暖房代を節約する事も出来ます。

冷房代も、暖房代も年間を通してみると馬鹿にならない事がよくあります。それが遮熱シートでいくらか節約もできるのであれば、使わない理由は特にはないのではなかと思います。

皆さんもそう思いませんかね?

以上、窓の暑さ対策:遮熱シートで紫外線を防ぎ室内温度を抑える方法...という話でした。

 

スポンサーリンク

Copyright© 派遣会社営業マンのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.