妊娠線を消す方法:妊娠線予防クリームを選ぶ時のポイント!

投稿日:

 

女性にとって、妊娠するというのは人生の経験の中でも特に大きな出来事です。当たり前ですが、赤ちゃんが無事健康に生まれてくることが何よりも願いですよね!

ただ、できる事なら自分の体にも気を付けいたいところです。そこで本記事では女性の妊娠で多い”妊娠線の悩み”についてまとめてみました。

妊娠線の原因は皮膚の角化!妊娠線を消す方法は?

 

先ず始めに触れておきたいのは、なぜ、妊娠線ができるのかという事です。女性によっても妊娠線ができる人と、できない人に分かれると思います。どうしてそのような事が起きるのかというと...

実は妊娠線ができる原因は皮膚の角化が原因ではないかといわれています。皮膚の角化というは、皮膚の基礎代謝(ターンオーバー)が鈍くなりやがて皮膚が硬くなり弾力を失った状態を指します。

皮膚が硬い状態で妊娠すると、皮膚が無理やり伸ばされる為、皮膚が裂け妊娠線として跡が残るという訳です。

ですから、妊娠線を予め予防したい時は、皮膚の角化を防ぐための工夫が必要になってきます。因みに、現在では妊娠線予防クリームを使うと効果が期待できるといわれています。

以下に妊娠線予防クリームを選ぶポイントを載せておきました(^^)/

 

妊娠線クリームを選ぶ時のポイントは成分チェック!

妊娠線は皮下組織などが損傷している状態です。ですから、肌を修復したり、ダメージをケアする成分が含まれている妊娠線予防クリームを使う事は有効でしょう。

また、保湿成分が高く浸透力が高いものは肌に潤いをもたらすので、妊娠線をできにくい肌質へと結びつけます。更に言うと、女性の肌のように繊細な肌でも使える低刺激のものを選ぶのもポイントです。

上記の動画でも紹介した「モナマミー」は口コミでも評判の妊娠線予防クリームです。興味があれば参考にしてみると良いかと思います。

 

 

おすすめの妊娠線予防クリーム「モナマミー」!

 

▼妊娠線クリーム「モナマミー」▼

※動画再生時、多少音が出ます※

 

⇒ モニター満足度驚異の96%!新時代の妊娠線クリーム【MONAMAMMY】

 

「妊娠線を予防したい」「出来てしまった妊娠線を薄くしたい」という想いをもつママのために生まれた妊娠線クリーム【MONA MAMMY(モナマミー)】妊娠中のママでも安心して使えるように成分にこだわりぬいた妊娠線クリームです。

海外で話題の妊娠線対策成分「シラノール誘導体」や自然派オイルで優しく保湿して妊娠線の予防・ケアに力を発揮。また、従来「妊娠線ケア」といえば保湿でしたが、それだけではなく幹細胞エキスなどを配合し「肌のめぐり」にも注目しダブルで働きかける商品です。

さらに、ムダ毛ケアや肌のくすみ、ざらつきケアといった妊娠中の肌トラブル対策も。美容成分を豊富に含んでおりますので妊娠前より美しいお肌へと導いてくれます。

ポンプ式で使いやすく、つわりの時期に使用することを考えあえて無香料という事です。さらに、期間限定で、初回のみで妊娠線オイル【MONA OIL(モナオイル)】を無料で付いています。

 

以上、妊娠線を消す方法:妊娠線予防クリームを選ぶ時のポイント!...という話でした。

 

スポンサーリンク

Copyright© 派遣会社営業マンのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.