ボクシング階級一覧表:ボクサーの体重[lb](ポンド)と体重[kg]について

投稿日:2019年11月6日 更新日:

 

 

近年、ボクシングは日本人王座の活躍で物凄い盛り上がりを見せています。

そこで、疑問なのはボクシングの階級についてです。

ボクシングに階級がる事は皆さんもご存知かと思いますが、詳しく知っている人ってあまりいないですよね(笑)

 

ボクシングの階級を体重[lb](ポンド)と体重[kg]で分類

 

 

以下に、ボクシングの階級一覧表を載せておきます。

体重[lb](ポンド)と体重[kg]で分けると、以下に日本人が小柄なのかが分かるかと思います。

 

【ボクシング階級一覧表】
  階級 体重[lb](ポンド) 体重[kg]
1 ミニマム級 105以下 47.62以下
2 ライトフライ級 108以下 48.97以下
3 フライ級 112以下 50.80以下
4 スーパーフライ級 115以下 52.16以下
5 バンタム級 118以下 53.52以下
6 スーパーバンタム級 122以下 55.34以下
7 フェザー級 126以下 57.15以下
8 スーパーフェザー級 130以下 58.97以下
9 ライト級 135以下 61.23以下
10 スーパーライト級 140以下 63.50以下
11 ウエルター級 147以下 66.68以下
12 スーパーウエルター級 154以下 69.85以下
13 ミドル級 160以下 72.57以下
14 スーパーミドル級 168以下 76.20以下
15 ライトヘビー級 175以下 79.38以下
16 クルーザー級 200以下 90.72以下
17 ヘビー級 200超 90.72超

 

見ても分かるように、東南アジアのボクサーはミドル級以下が中心になります。

それに対し、欧米のボクサーはミドル級以上が中心になります。

 

ボクシングの試合を見て思う事は・・・

 

 

ボクシングの試合を見て思うのは、本当にボクサーの減量の大変なんだろうなという事です。

何でも、ボクサーが1キロ痩せるのと、私たち一般人が痩せるのは違うというのは言うまでもないことです。

本当にボクサーって凄いですよね(。-`ω-)

 

 

以上、ボクシング階級一覧表:ボクサーの体重[lb](ポンド)と体重[kg]について...という話でした。

 

スポンサーリンク

Copyright© 派遣会社営業マンのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.